SNSやブログへの写真掲載時に気をつけること

利用する上で気を付けなければいけないこと

万が一拡散してしまった場合

気を付けなければならない点

「著作権」
聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。
著作権は学校の授業やテレビでもよく耳にしますね。
画像とは違い、写真は撮影した時点で著作権が発生します。
写真を撮影するとなれば、角度や明るさ、シャッタースピードなどはすべて自分で決めて撮影をし、そこに撮影者の思想などが込められているため著作権が発生するのです。
ですので、他の人が撮影した写真を無断でアップロードなどをしてしまうと違法行為になってしまう可能性があります。
過去には有名なプロのカメラマンが、他のカメラマンが撮影した写真を自分が撮影したかのように公開したことで世界的にも大きな問題になったことがありました。

著作権の侵害は裁判に発展する可能性もある立派な違法行為です。
アップロードする際には、著作権を有している著作者に必ず許可を取るようにしましょう。

写真掲載の良し悪し

どういったものであれば、インターネット上に掲載して良いのでしょうか。
これは結構難しい問題になります。
はっきり著作権の侵害になるというものもあれば、判断しにくいグレーなものもあります。
例えば、自分の好きなキャラクターのグッズを購入し、SNSに掲載しようと撮影をしました。
その行為自体は違法行為にはならないことが多いですが、万が一営利目的で掲載をしてしまった場合は不正競争防止法という法律に触れる可能性があります。
また絵画や書物なども無断で撮影、アップロードした場合は、創作者から申し立てがあれば違法行為になることもあるのです。

明確な線引きがされておらず、判断が非常に難しい著作権ですが、少しでも気になることがある場合は、著作者に問い合わせて掲載の許可をもらうようにしましょう。